SDG Marine×Bass Cat Boat×早野剛史

今期より、新たなスポンサーとしてBassCatBoatの日本総代理店でもあるSDG Marineを運営する昭和電機株式会社様と契約を交わしプロ活動を行う事となりました。

近年、バス業界でもよく「昭和電機」「SDG Marine」と名前を聞かれる方も多いかと思いますが、昭和電機株式会社自体は工場の作業環境改善商品を扱う会社です。主に、電動送風機やブロア等。その中で、バスボート事業を行っているのがSDG Marineです。

2020年は、昭和電機株式会社が70周年という事で、プロモーション動画も有りますので一度ご覧いただけると会社の歴史、事業が分かるかと思います。

 

ボートの話に戻りますが、今まではバスキャットのモデルの中でも溺愛していたクーガーFTDというボート幅(ビーム)が94インチの細めのタイプと共に数々のタイトルを獲得してきたが、今期から乗るボートは昨今アメリカのバスボート界でもトレンドでもあるボート幅が96インチとワイドビームのバスキャット カラカルというモデルです。

カーボン調ベースのラッピングが渋いバスキャットカラカル。

バスキャット特有のハル形状は引き継ぎつつも、静止安定性、デッキの広くなることによる釣りのしやすさ等を求めた、バスキャット リンクスとバスキャット カラカル。

デッキレイアウトはこの様な感じ。

BassCatboat HPより

バスキャット Caracalのデッキレイアウト

 

バスキャットボートの場合、バスキャットという名前以外に色々な名前が出て来ます。

バスキャットボートは、数あるバスボートメーカーの中でも珍しい商品ラインナップで通常は、○○というシリーズの19ft、20ftというシリーズとサイズ展開が殆どです。

 

バスキャットボートの場合

・ジャガー

・リンクス

・クーガーFTD

・プーマFTD

・エイラ

・カラカル

ハルや長さ、ビームの広さ、デッキレイアウト等によって、全くボートの特性の異なる商品展開が特徴のバスボートブランドでもあります。

 

ボートによっても個性は異なりますが、バスキャットボート全体的な特長としては、何と言っても

・走破性の良さ

・高耐久性

の2つが最大の特長。霞ケ浦、琵琶湖等のビッグレイクでも大切に乗れば20年乗れますよって自身を持って言えるバスボートブランドです。

 

という訳で、今回はスポンサーとバスキャットのご紹介でした。また、船のリギングが完成した後詳細な情報等追ってアップして来たいと思います。

 

また、細かいセッティングやボートメンテナンスは引き続きバスキャットの老舗ディーラーでもあるハーツマリン様とも契約を継続させて頂き皆様により快適なバスボートライフを提案していきたいと思っています。

 

今年からまた違った形でバスキャットボートと関わらせて頂きながらプロ活動させて頂きますのでご期待ください。

 

お知らせ

10月より消費税増税に伴いガイド料金を改定させて頂く事となりました。

ガイドのお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームもしくは下記ガイドHPよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームからメッセージの方は、メッセージ欄に「ガイド場所、日程、電話番号」を記載ください。

 

3月霞水系、利根川ガイド募集日程

 

2月29日(土)、3月1日(日)、3月2日(月)、3月3日(火)、3月4日(水)、3月5日(木)、3月6日(金)、3月7日(土)、3月8日(日)

 

霞水系、利根川ガイド料金

1名¥43,000

2名¥50,000

最新のガイドスケジュールコチラ

 

遊漁船番号 茨城県知事 第10012号
霞、利根川水系ガイド料金 1名¥43,000
※3名のガイド受付はしておりません。 2名¥50,000
ガイド時間 7時~16:30
ガイド詳細 HAYANO GUIDE SERVICE
MAIL hayano-guide-survice@docomo.ne.jp
TEL 090-9825-0769

ガイドお問い合わせフォーム