19ヴァンキッシュ

16ヴァンキッシュ発売時、これ以上のリールの軽さと巻き感の軽さを超えれるリールがあるのか…

 

そう触った瞬間に感じさせてくれた16ヴァンキッシュでしたが、3年の月日が経ちモデルチェンジという事で今年遂に19ヴァンキッシュが発表されました。

 

先日行われたジャパンフィッシングショーで、実際触られた方も多いのではないでしょうか?

 

パッと見の第一印象は、ブラックを基調とした落ち着いたイメージのカラーリングですが、中身は今までのヴァンキッシュ史上最高の進化を遂げています。

 

 

重量と巻き感の軽さ

 

リールの自重と巻き感の軽さは、ヴァンキッシュの代名詞と言っても過言ではないファクターです。

 まず軽さから言うと、16ヴァンキッシュ2500Sで軽い軽いと感じていた180グラムから更に軽さに磨きを掛けた19ヴァンキッシュ2500Sは165グラム!(バス用リールのメインとなる2500番の重量で話を進めています)

 

この165グラムという重量は、18ステラの1000番の軽さに並ぶ軽さです。これまでのシマノのバス用スピニングリールの歴史上間違いなく最も軽いリールと言えるでしょう。

 

 また、軽くなったら心配になるのが「強度」なのですが、ボディ剛性とギア耐久性は共に向上しているという異端児です。笑

 

 巻き感の軽さに関しては、ノーマルギアはもちろんですがハイギアを他の機種と巻き比べて頂けるとより分かりやすく、本来ハイギアは自転車のハイギアの漕ぎ始めがしんどいのと一緒で巻きに対して重みを感じやすいのですが19ヴァンキッシュに関しては、その巻き始めの重さは感じることなくリーリングのモーションに入る事を可能にしています。ギアは、マイクロモジュールⅡ搭載というのも大きくアシストしてくれています。

 

これに関しては、卓上の理論ではなく実際触っていただくのが1番かと思います。

 

 16ヴァンキッシュの話にはなりますが、昨年のTOP50七色ダム戦では、虫パターンのサイト用のリールにどのリールをセッティングするか考えるタイミングがありましたが軽量ルアーを高速で回収する際の、ハイギアでのハンドルの巻き感の軽さが非常にフィーリングが合いヴァンキッシュ2500HGSをセットしたのを今でも覚えています。

 

色々なリールをトーナメントの勝負の舞台で、試して納得の行くリールを試合で投入しますが明らかに16ヴァンキッシュを超えたパフォーマンスを見せてくれそうな19ヴァンキッシュが戦力になってくれる事を確信しています。

 

 

スプール

 

個人的に、軽さの次に来る進化したポイントがスプールです。

 

今回の19ヴァンキッシュには18ステラ以外の機種には、採用されてこなかったロングストローク構造が採用。これにより、軽さや巻き感だけに着目されがちだったヴァンキッシュでロングキャスト性能も向上しています。

 

 ローターに関してもNEWマグナムライトローターにより回転慣性低下すると共に、18ステラに搭載されて明らかライントラブルが減ったローター内へのラインの巻き込み防止の機構も採用されている。

 

 ステラに追随しつつ、個性は全くの別物。個性的なヴァンキッシュに更に尖りが出たというのが19ヴァンキッシュの感想でした。

(上側が16ヴァンキッシュ 下側が19ヴァンキッシュ ローターのエッジにライン巻き込み防止のテーパーが掛かっている)

 

ベイトリールの様に、ラインキャパやハンドル長、ボディ剛性、DC等ブレーキシステム等で細かい使い分けの提案が難しいスピニングリールですが、間違いなく今シーズンの主力になってくれそうな19ヴァンキッシュだったので紹介してみました。

 

今週末の、大阪フィッシングショー、3月の名古屋キープキャストとショーも続きますので、是非19ヴァンキッシュ、手に取って触ってみてください。

 

まだ数回しか実釣しておりませんが、また使って気付きが有ればご報告させて頂ければと思います。