早野剛史 オフィシャルブログ

TOP50第5戦 がまかつCUP七色ダム戦を振り返る

2021-10-31 07:45:39

 試合後、仕事が怒涛のスケジュールで更新が遅れましたが、10月15日ー17日に開催されたTOP50第5戦を振り返って行きたいと思います。

 

 本来、2021年シーズンの第5戦となる試合でしたが、第 2戦の広島県弥栄ダム戦がコロナウイルスの影響で延期となった為、実質第4戦となるトーナメントでした。

 

 さて少しずつではありますが、惨敗の七色ダム戦を振り返って行きたいと思います。

 

 今回の試合ですが、まず何より違和感だったのが【季節感】。

 

 10月も下旬に差し掛かろうとする中、連日七色ダムのある奈良県下北山村は気温20度後半〜30度近い気温でまさしく季節外れの暖かさが試合前〜試合最終日まで続いている状態でした。

 

 もちろんその暖かさに伴い、水温も高めを推移している状態でした。

 

 そんな概況の中入った、プラクティス前半は「夏でもあるし、秋っぽい魚もいる中途半端感」が満載な状態。

 

 プラクティスして行く中で幾つかパターンも見えてきて

 ・サイトパターン 西の川、北山川上流、中流域

 ・サイトエリアでもブラインドの釣り 西の川、北山川エリア

 ・レイダウン、ブッシュ、立木を主体としたカバーゲーム。 中流域

 ・魚探を使った魚探サイト

 

 上記したパターンが、上位に絡める爆発力のあるパターンという印象でした。

 

 その中でも試合で戦略に組み込んだのが、西の川という七色ダムでも有数の流入河川のエリアと上流域を主体とした、サイトとブラインドの釣り、立木の釣りをミックスしたパターンが今回の主なパターンに。

 

 この時点で、まさかあの選手に2019年の試合の様に他の選手にやられるとは思ってもいませんでした。

 

 DAY1

  初日は、まさかの最終フライトという事で、北山川上流エリアからスタート。比較的イージーに、ブラインドで500〜800グラムクラスが釣れていた北山川エリア。

 西の川へ、朝一いく予定があまりにもフライトが悪すぎて小一時間、北山川を覗いていく事に。この判断が、この試合において最もと言っても過言ではないくらいの判断ミスになるとは、この時思ってもいなかったです。

 

 幸先よく、800グラムクラス、500クラスを続き、選手も多い事から、西の川へ。

 

 到着して、言葉を失いました。

 

 プラクティスでも無かったような、見えバスの多さと食い気のあるスクールの多さに到着してビックリ・・・

 

 この時点で、やってしまった。必ずこれは誰か、ビッグウエイトを既に釣っていると悟るには十分な西の川の雰囲気でした。

 

 そして、隣でボコボコに釣る山岡プロの姿に自分の初日のビハインドを悟りました。

 

 サイトとブラインドで、狙っていきサイトでのビッグを1、 2回ミスった時点で(10時前頃)一気にサイト可能なバスも減少。

あれ・・・サイズめっちゃ下がってるやん・・・の画像。

 ブラインドでのフォールandステイの釣りも、プラの時点では3、4本釣ればキロクラスが1本混じる感じだったのが水位が上がった影響もありサイズがガラッと変わってしまいウエイトが読みずらい状況に。 

 

リーチのDS、スワンプスキニー等のロングワーム系等を主軸にローテーションしていきリミットは揃うものの、ウエイトを上げれず初日は2614グラムで23位スタート。

 

 DAY2

 

  2日目も西の川をベースに展開。

 

 初日は、西の川での失敗に加えてもう一つのメインパターンでもあった立木のパターンが全く機能し無かった事も踏まえて、新たなエリア、展開を探すより西の川を主体に組みてる事に。

   2日目は、ビッグウエイトが必要な状況でスタート。初日よりは、見える魚も減りブラインドのパターンが活きてくるかもと感じブラインドでロングワームとリーチDSを打ち込みながらサイトしていくと、見えないレンジでキロフィッシュクラスが 2度食うもののフッキングのタイミングやファイト中にストラクチャーに巻かれるミスをしてしまい朝の貴重なチャンスタイムを無駄にしてしまう。

 

 キーパーは拾えるものの、キーとなるキロフィッシュをミスして途方に暮れていた10時過ぎ頃。一瞬の風のタイミングで、一気に岸際を回遊する個体が増えまさかのプラクティスで口を使わせた60と試合中に出会う・・・

 

 唾を飲み込みながら、ロングワームを壁ドンしてフォールさせると一気にワームへ突進しワームは姿を消し口の中へIN。

 

 正直、貰ったと思いました。w

 

 フッキングと同時に、ワームが口からブリン!っと出てきて発狂・・・

 

 もう一度追ってきたのでトゥイッチを入れると今度は落ち葉が絡みそのまま60は消え去りチャンスをモノに出来ず。なんでやねん!っと自分で試合中ツッコミを入れる始末・・・

 

普段じゃ起きない事が起きるというか起きまくる2021年シーズン。それも実力ですからね。

 

 そのまま、ビッグチャンスは訪れずウエイトは更に落としてしまい、 2キロちょっとで順位も落としてしまい29位で本当にギリギリで予選通過。正直3シーズンぶりに予選落ちしたかと思いました。

 

 DAY 3

  最終日も、西の川が主戦場に。

 

 最終日は、予選通過順位がフライト順に。それでも、今回は数々のドラマとチャンスを与えてくれた西の川へ向けて走りました。

 

 最終日は、結果から言うとリミットは揃わず 3本で2500gちょっと。散々ミスしてしまった、良いサイズが 2本取れたものの内容が悪すぎて反省点の多すぎる試合でした。

 

 優勝は、山岡さん!釣りへの探究心もさる事ながら、池原、七色でのリビングレジェンドは伊達じゃ無かった・‥前回は、隣で三原君、山岡さんにやられ、今大会は山岡さんにやられちょっと七色への苦手意識が強くなりましたが、それもまた伸び代があると捉えて修行します。

 第 2戦に引き続き、狙いも悪くない。チャンスメイクも出来ている。が結果に繋げれない、今シーズンにフラストレーションを抱えながら迎える最終戦はなんとか1発デカい花火を打ち上げたいものです。

 

 最終戦も、マイゲームで頑張って来ます!

 

 最終戦は、広島県弥栄ダム。頑張ってきます。

 

 ○IGTVの動画でもパターン、タックルを解説しましたので下記リンクよりチェック頂ければ幸いです。

https://www.instagram.com/tv/CVT20l6FK6c/?utm_medium=copy_link

 

そして、延期になった弥栄戦で今シーズンも早くも終了!最終戦はズバッと思った展開で決めたいところです。

 使用タックル

 ○リーチダウンショット

 ロッド:TEXプロト5.11XUL–ST

 リール:ステラ2500S

 ライン: FCスナイパー3ポンド

 フック:DASオフセット ♯4

 

 ○カバー、立木付近のネコリグ

 ロッド:TEXプロト6.4 L–ST

  リール:ステラ2500S

  ライン:Dブレイド0.6号+Vハード 2号

 フック:パワーワッキーガード ♯4

 

 ○立木パターン用ダウンショット

 ロッド:TEXプロト6.4L +

   リール:ヴァンキッシュ2500HGS

  ライン:Dブレイド0.8号+Vハード 2.5号ー3.5号

 フック:DAS オフセット ベイトフィネス ♯4

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ○最新のガイドスケジュールは⇨ガイドスケジュール⇦からのご確認ください。

 

  11月霞水系ガイド募集日程

 15日、16日、17日、18日、25日

 ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

 

◎ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

 

 または⇨ガイド用公式ラインアカウント からご予約下さいませ。

 

 

 

  

カテゴリー: ブログ

11月の早野剛史ガイド空き情報

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-