早野剛史 オフィシャルブログ

Category トーナメント

桧原湖inからのプラクティス終了

2021-09-15 22:22:29

 

 夏とお盆休み期間のガイド以来の桧原湖へin。

 

  この1週間は、今週末のTOP50第3戦の為のプラクティス期間だったのでみっちり桧原湖篭りしてました。

 

  日に日にタフになって行くコンディションでしたが、試合もまた状況が変わりそうなので明日は1日オフなのでしっかり準備して試合頑張って来ます。

 

 今や関東で第3のホームレイクと言っても過言ではない桧原湖。そろそろ優勝したいと強い気持ちで、試合に臨みたいと思います。

 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ○最新のガイドスケジュールは⇨ガイドスケジュール⇦からのご確認ください。

 

 9月霞水系ガイド募集日

  23日、28日、29日、30日

 

 ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

 

◎ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

 

 または⇨ガイド用公式ラインアカウント 

 

 

 

カテゴリー: トーナメント

10月の早野剛史ガイド空き情報

       
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

2021 TOP50第1戦 福岡県遠賀川戦

2021-04-08 05:40:31

   新型コロナウイルスの影響で、中止となった2020年。

 

 TOP50カテゴリの試合は全て中止となり、2019年シーズン以来の丸1年ぶりのトーナメントシーズンとなります。

 

 2019年に、藤田選手に奪取された年間タイトルを奪い返すべく2021年シーズンがようやく開幕。

 超久しぶりな試合での遠征。1年ぶりです。

 舞台は、福岡県遠賀川。4月2日〜4日の日程で開催されました。

 見慣れた護岸された景色の遠賀川下流域。

 昨年の今頃は、トーナメントがキャンセルとなり全く試合の無い予定のスケジュールの中、他のカテゴリの試合は開催されていて自分だけ試合に参加出来ていない事が1選手として試合勘やスキルアップ的な部分として非常に不安なメンタルで過ごした1シーズンでした。

 

 約1年。準備する時間も十分にあったはず。。。

 

 TOP50開幕戦の試合内容を今回は振り返りたいと思います。

 

 DAY1

 

  初日は、フライトも早く練習中圧倒的にポテンシャルのあった上流域へエントリー。3番目くらいに入りたかったスポットへ入る事が出来て朝の時間は回遊待ちの展開。

 開始早々、シャッド、スモラバ、クランクでキャッチ数を伸ばしながらお昼過ぎまでで4500グラム前後のウエイトをマーク。

 

 後半は、中上流域の高さのあるロックハンプを回って1500オーバーをキャッチして入れ替えして5600グラムで2位スタート。

 

 

DAY2

2日目は月刊バサーさんが同船してスタート。

 朝から初日とは、逆のフライトの為53番スタート。狙いのスポットに入れず苦戦するもののポツリポツリと全域でかき集めて目標の4キロには到底及ばない2キロちょっとで予選を3位通過。喰わせ方はあっているものの、バイトを取り切れなかったりと久しぶり試合な感じを自分でもひしひしと感じました。

 この2日目までに釣っておかないと、プレッシャーが蓄積された3日目に逆転が難しいのが遠賀川。よっぽど特別なパターンを持っていれば別ですが・・・

 

 結果予選は、3位通過で決勝の最終日へ。 予選2日目は、月刊Basserさんが同船して頂いておりますのでお楽しみに。

2日目は3本 2キロちょい。

 

DAY3

    最終日が、本当の悪夢でした。

 朝は、上流域へエントリーするものの入ったスポットは雰囲気が無く、選手の多さと釣れなさに上流エリアを1時間程で見切る事に。

 

 少しでも自分のリズムにあった魚を探すべくエリアを最下流まで広げて中下流のパターンをメインに展開。

 

 思ったポイント、思ったタイミングでバイトが出るものの下流域で反応値の高かったネコリグで喰わせていくが、まさかのネコリグ特有のネコリグのボディがフックポイントに刺さってフッキングしないバイトが2回連続・・・3発目のバイトでようやくキロフィッシュを仕留めるものの、流石にメンタルがやられ気味に。。。

 イージーではない展開で2連続でキャッチに至らないのは、かなりメンタルがやられた様で釣った後ボートで倒れ込んでました。笑

 極寒なのも合い重なり、極限状態でしたね。

 

 ミスは続いたものの、何とか1本はキャッチできた事で5位に順位が下がり止まり5位フィニッシュ。

 パターンとしては、シャッド、TEXブランドのプロトクランク、C4ジグ1.8〜2.7グラム+ディトレーター、スマイルワームマミーのネコリグの4本がメイン。

 

 プラクティス時までは、シャッド、クランク共にかなり釣れていたんですがプレッシャーと共にエリアによってはパターンとして壊滅していきました。

 喰われまくったSH60の歯形。ガイドのお客様が送ってくれました!ありがとうございました!めちゃ助かリマした。

 とはいえ、初日以外はワームのみの結果でした。納得のいかない2日目、3日目の試合内容でしたが、年間を考えると悪くないスタートでした。次戦は弥栄ダム戦。

 

 今回の試合は、プロトのロッドが届かなかったり色々とトラブル続きでしたが、次戦は納得の準備をして試合を迎えたいと思います。

 

 また今回、SDG-Marine様よりサポートチームが会場まで来ていただきランチングやボートメンテナンス等を行ってくれました。細かいサポートまで本当に有難い限りです。3日間有難う御座いました。

 

 試合後のパターン解説動画⇨https://www.instagram.com/tv/CNPSuHVJLmu/?igshid=cl5f887i85jr

 使用タックル

 シャッド用

 ロッド 6.6ft

   リール アルデバランBFS ノーマルギア

 ライン シューター8ポンド

 ルアー SH60 フック ハヤブサ瞬貫トレブル♯8

 

  クランク用

 ロッド 6.6FTグラス

 リール 21カルカッタコンクエスト100

   ライン BMS  AZAYAKA 12ポンド

 ルアー TEX 2Mダイバー

 

 スモラバ用

 ロッド 6.4ft UL

   リール ヴァンキッシュ2500S

   ライン FCスナイパー4.5lb

   ルアー C4ジグ 1.8〜2.7グラム

 トレーラー ディトレーター

 

 ネコリグ 

 ロッド 6.4ft

   リール ステラ2500S

   ライン FCスナイパー4.5lb

   ルアー スマイルワームマミー 

 フック フィネスワッキー ♯3 ハヤブサ

 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4月ガイド募集日程

 

 霞水系ガイド 4月19日、4月23日、4月24日、4月26日、4月27日、4月28日、4月29日、4月30日

 

 5月ガイド募集日程

 霞水系ガイド 5月1日、5月2日、5月3日、5月4日、5月5日、5月6日、5月7日、5月8日、5月9日

 

 ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

 

○ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

 または⇨ガイド用公式ラインアカウント⇦からのご予約をよろしくお願い致します。

 

カテゴリー: トーナメント

WBS JAPAN OPEN SDG Marien CUP 優勝

2020-10-19 19:46:58

 WBS JAPAN OPEN   TOURNAMENT  SDG Marine CUP が10月17日、18日に開催されました。

 

 今回のWBSオープン 参加選手のメンツも非常に豪華な選手が集い、菊元プロ、沢村プロを始めにトーナメント団体の垣根を越えてWBSとTOP50から、九州時代から昔から雑誌で拝見させて頂いていたレジェンドな選手方々44チームの2日間 総重量でのトーナメントです。

 フルサイズのバスボートが44艇並ぶと凄いスケールです。

 今シーズンのトーナメント活動においてはTOP50シーズンが中止となり、トーナメントプロとしてはパフォーマンスの場を失った部分もあったので非常に高いモチベーションで臨むことが出来ました。もちろん、豪華メンツもモチベーションアップです。

 

 結果から言うと、初日5本6800グラム、2日目600グラムをウエインし、合計7400グラムで優勝出来ました。

 

 3年かけて煮詰めた霞本湖のスピナベ、シャッド、ディープクランクパターンでの優勝は格別でしたね。

 

 湖のコンディションは、試合当日と試合前1週間ほどで一気に水温は3度ほど低下し、増水状態から水位も下がって行くという非常に難しい難解なコンディションでした。秋雨特有の、非常に気難しい霞水系でした。

 

 山梨から茨城の霞水系に拠点を移して4年目ですが毎年西浦や東浦に秋通って見つけていた、湖のボディウォーターを回遊する群れがブレイクや浚渫にコンタクトして、ディープクランクやシャッド、スピナーベイトのスローロールで釣るパターンが今回のメインパターン。

 

 ディープクランクで狙うレンジは、水深2〜5メートルに絡むブレイクだったり、沖にある小規模なハンプだったりと、沖を回遊する群れがエサを食べやすいようなロケーション全てといった感じです。

 

 泳ぐスピードが、雨等の天候だとかなり回遊の足が早くなってしまうのでガーミンの今年の春のバージョンアップから使える様になったパースペクティブモードでポイントにバスの群れの有無を確認し、居なければ、早めに移動を繰り返してタイミングを合わせて行く戦略でした。ライブスコープの良さでもあるリアルタイムに、バスの泳いでいる方向が分かる事も非常にアプローチの判断のキーになりました。

 

 完全に高速ランガンの判断のキーに、パースペクティブモードがなってくれました。

 多魚種も写りますが、魚の有無、バスかどうか?も見慣れてくるとなんとなく魚種も予想が付いてきます。

・ハーツマリン パースペクティブ解説ブログ

 

 使っていくディープクランクは、DT10、DT14、ビックC等を主軸に(水温低下が原因で大会時はこちらのモデルがメインとなりました)、浅めのレンジ担当の水深50センチ〜水深2メートル弱のスポットにはジャッカルのプロトシャッドという展開でした。

 

 この3年で蓄積した西浦の浚渫、ブレイクのディープクランクパターン。色々練習しといて良かった。

 北浦〜中下流、霞本湖と満遍なくイージーではないものの釣れたのですが、サイズが選べない印象で最もストロングパターンだったのが西浦、東浦を主体とした霞本湖のシャローとディープ両極端なカバーとディープクランク、シャッドのパターン。

 

 ハマる日とハマらない日のムラはあるものの、パターンに合わせれればブリブリに太った個体ばかりが釣れて、5キロ以上はしっかり狙えるパターンです。

 

 試合の2日間は、もちろん爆発力のある西浦、東浦のパターンに焦点を当ててやってみるプランでスタート。

 

 DAY1 

  初日は、イナっ子、ワカサギが接岸しているエリアのブレイクでスピナーベイト、プロトシャッドで1800、700グラムを朝からキャッチ。パートナーの方が、朝スピナベでビッグフィッシュを釣ってくれて楽な展開でした。

 

その後はプロトシャッドのパターンをベースに追加しながら、ディープクランク(DT10)でキッカーとなる1900グラムとキロフィッシュを追加。後半にプロトシャッドで更にキロフィッシュを追加して6本キャッチ。

 

 初日は、5本 約6800グラムで初日は1位通過。

スピナベでの1800グラム、DT10での1900とパンチ効いてました。秋のハードベイトはハマるとビッグフィッシュラッシュです。

 

 DAY2

  2日目は、曇り予報が朝一以降まさかの早々の晴天無風・・・・

 

 無風の時間帯は、一旦頭をリセットして走り回りながら風のある時間帯を探したり、杭や水深のあるカバーを撃ったりしますが、完全に空振りお手上げ状態。本当、その瞬間にあったパターン以外は反応がない展開で中盤は本当辛かった。

 

 後半になり、一瞬風が西浦に吹き込んで、曇るタイミングが来て走り回って1本プロトシャッドで600グラムをキャッチして結局2日目はその1本のみでタイムアップ。沖からブレイクや浚渫に回遊してくるパターンには、厳しい2日目でした。

 

 ともあれ、プロトシャッドとグロリアスXC 166L-G/BFSが今回状況に激ハマりしてくれて、タフなコンディションの中2日間で4本キャッチっと大活躍してくれて助かりました。

 2日目は1発のみ。この魚もプロトシャッドで。

 

 結果は、初日の貯金が効いて7300gで優勝でした。

 

 2日目トップウエイトの、蛯原さん、盛三さんペアにはヒヤヒヤしました。涙

 

 今回の立役者は、ディープクランク、プロトシャッドに加えて、

 

 今年の春リリースとなったポイズングロリアスXC 166L/BFS のタックルセッティング。

 

 バイトも増えるし、掛かった後はバラしなくキャッチさせてくれた166L-G/BFS

 

 今回浅いレンジでプロトシャッドを使用してキャッチした、全てが口の外への外掛かり状態で非常にシビアな状況(口を閉じてアタックしている、反応スピードが追い付いて無い感じ)の中掛かった魚は全てキャッチする事が出来ました。

 

 グラスティップ採用のグロリアスXCでも掛からないバイトも何度かありましたが、チャンスタイムにはしっかり全てのチャンスを演出してくれました。もちろんチューブラーのロッドでも魚は釣れますが、本当釣りは奥深いです。

 

  春、秋の水温が下がるコンディション下での巻物はグラス必須ですね・・・

 

 SDG Marine企画で、一般公募したパートナーの中村さん。試合初日の朝に初めて会う中村さんと2日間戦わせて頂きました。お疲れ様でした。

 今回、参加するにあたりお誘い頂いた柏木社長はじめ、SDG-Marine様、WBS運営スタッフ方々、参加選手の皆様、スポンサー各社様 2日間有難うございました。

 

 動画でもパターン解説しておりますので、下記リンクよりご覧下さい。

・IGTV動画解説リンク

 

 次のトーナメントは、11月末のバスプロ選手権で今年のトーナメントが終了となります。応援頂いた皆様、有難うございました。

 

 ・プロトシャッドタックル

 ロッド ポイズングロリアス166L-G/BFS

    リール アルデバランBFS

    ライン レッドスプール8ポンド

 

 ・ディープクランクタックル

 ロッド 製品化されなかったプロトグラス 166ML

    リール カルカッタコンクエスト100

    ライン レッドスプール12ポンド

    ルアー DT10,DT14

 

・使用ボート

 バスキャット カラカル 

 マーキュリー Pro XS225

 

・魚探

 フロント GPS  MAP 8410

   ライブスコープ用 GPS MAP 1222Touch

 

   コンソール  GPS  MAP 8412 ×2

 

・エレキ

 ガーミンフォース 50インチ

 

 

                

カテゴリー: トーナメント