早野剛史 オフィシャルブログ

Tag #シンキングPE

久しぶりに片倉ダムへ!シンキングP E炸裂

2020-12-23 12:29:25

 先週末は、久しぶりにガイドと撮影で房総リザーバーの片倉ダムへ行って来ました。

 

 例年の11月末〜12月の片倉ダムは、イージーにヘビダンやシンキングP Eのライトリグ、シャッド、メタル等で楽しめるのですが、今年は

・台風が来なかった事によるクリアアップ

・水温の低下が遅れていた事

もあり季節の進行が遅いように感じていた今シーズンの片倉ダムでしたが、ようやくディープに魚が集中してきた印象の2日間でした。ポジションさえ掴めば、2桁釣果が狙って釣れる季節です。

 

 立木だらけの片倉含む、房総リザーバー。魚のレンジが浅い内は、ベイトでも良いけどレンジが深くなったり、小さいワームへの反応が良くなってくるとシンキングPEの有効性が高まってきます。

 初日は、ガイドでゲスト様と出撃。朝から、ウォブリング2.5、シャッドテール2.5インチのDSを主体にバイトラッシュ。

 

 ラインは、今年の秋冬は今シーズン発売となった、サンラインさんのDブレイドを主体に試して見ています。

 

 ラインスラックを使うワームの釣りは、セフィアG5かDブレイドかなという個人的なチョイスです。初めての方は、ULクラスのロッドからスタートする事をお勧めしています。ラインの伸びがないPEラインなので、硬めのLクラスでライトリグをやるとリグが動きすぎて釣れなくなるケースを多く見受けらる事が理由です。

 

 メインラインの太さは、ディープは0.5号か0.6号をチョイス。リーダー7ポンド〜10ポンド辺りをカバーの濃さに合わせるというセッティングです。40センチクラスくらいまでは立木絡みでも、アプローチにもよりますがミスするリスクは圧倒的に下がります。

 

 後は、専用のタックルが出来上がって来れば5年程房総リザーバーで試してきたシンキングPEのパターン、タックルセッティングが完成しますね。

 

 朝からバイトラッシュ。朝の2時間で5バイト4フィッシュと冬らしい釣れ方。

 

30後半までがマックスサイズの片倉でした。

 ゲスト様がチューブラーのLを使用していたのですが、ULのソリッドを使用している私には無限バイトという状況を見かねて夕方はゲスト様にロッドをレンタルすると上手く立木絡みでのリグのコントロールが出来るようになりバイト量産な夕刻でした。気持ちいいくらい、タックルのチョイスでバイト数に差が出る日でしたね。

 

 

 夕刻は、片倉らしいバイトラッシュでした。

  ゲスト様1日ありがとう御座いました。

 

 翌日は、ガイドがキャンセルになった為シンキングPEメソッドの解説動画を撮影しながら、茨城のオカヤンとプライベートフィッシング。

 

2日目も、初日とポジションは変わったものの見つければイージーに反応してくれる片倉でした。
 シンキングPE同定卒業のオカヤン

 

 解説動画は、今週後半にオフィシャルチャンネルへアップ予定です。

 

https://youtube.com/channel/UCTBOrHKBZRVmp6TPioYcAog

 

 秋冬のみならず、ハイシーズンのサイトやカバー周りのライトリグにも使える細PE。上流域で、平均水深が浅いカバー絡みのサイトや立木の多いフィールドでは是非試して見て欲しいタックルセッティングの一つ。

 

 0.2号0.3号で50アップが釣れる時代です。

 

カテゴリー: ブログ

1月の早野剛史ガイド空き情報

       
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

バサー12月号 シンキングPEによるディープ攻略 亀山ダム

2020-10-28 07:32:59

 今月のバサー12月号が発売されましたが、今回は数年前から季節問わずカバー絡みのライトリグや房総リザーバーでは晩秋からディープでのライトリグでよく使用しているシンキングPEを取り上げて頂きました。

 

 ソロでの表紙は初めてでした。津留崎さんいつも素敵な写真有難う御座います。

 

 YOUTUBEでの告知動画となります。

 

 最近は霞水系での、サイトやリザーバーで季節問わず活躍しているシンキング PE。

 

 出会いは、七色やリザーバーの釣りで、フロロのライトラインではキャッチまで至らない事が何度かあり、TOP50の黒田プロに相談したのが始まりでした。

 

 PEに関しては、ソルトもやっている黒田さんに聞けば期待以上の返答が返って来ていたので、3、4年前くらいの当時はよく電話であーじゃ無いこーじゃ無いと色んなメーカーの PEを語り合ったり教えて貰ったりしてたのが懐かしいです。プロ間でも、よくタックルやロッドのセッティングで色々お話しする事が良くあります。

 

  シンキングPEに関しては、これから使う人が増えるかは不明ですが、間違いなくメリットが多大にあるのは間違い無いです。

 

 亀山も、今年はワカサギが多い事と季節の進行が遅いこともありまだシャロー〜ミドルレンジが優勢な感じは否めませんが、11月あたりからシンキングPEタックルも毎回ボートに持ち込むことになりそうです。

 

 

カテゴリー: ブログ

亀山 シンキングPEセッティング バサー取材  

2020-10-09 03:52:36

 今週前半は、亀山ダムにてバサーさんの取材でした。

 

 ここ数年、ハイシーズンのカバー絡みや晩秋〜春先にかけての立木やオダ等のカバー絡みのディープにおいて使用した「シンキングPE」の取材でした。ちょっとシーズン的にシャロー展開全開で、晩秋ディープの展開は中々しんどかったですがw

 

 シンキングPEを房総リザーバーをメインに使用し出して、ラインブレイクはほぼ皆無。カバーの濃さやロケーションに応じてフロロラインと使い分ける事でほとんどの掛けたバスをキャッチ出来る様になりました。その、経緯や歴史のお話は月末発売のバサーにてお話ししてますので是非チェックして見てください。

 久しぶり、津留崎さんと取材でした。

 とはいえ、何故シンキングPEを使用するのか?メリット、デメリット、房総リザーバーでの活用方法とかなり盛り沢山の内容になってますのでお楽しみに。

 色々使い込んで、たどり着いた2択の選択。

 

カテゴリー: ブログ