早野剛史 オフィシャルブログ

打ち合わせ、テストweek

2021-08-08 08:38:53

 今週から、打ち合わせや製品テストの予定がビッチリで一旦茨城へ戻って来ております。コロナも一気に増えて来たので、仕事とはいえ気をつけて移動します。

 

 茨城では、久しぶりにハーツマリンの魚探部門ハーツファインダーの高橋さんと年数回の勉強会という名前の釣りへw半日だったので、この時期定番の沖の浚渫釣りで勉強会でした。

 

   ハーツファインダーの高橋さんには、遠征中ガーミンの魚探映像や細かいセッティングを全て伝えているので是非 日本でもトップクラスの魚探のノウハウのサービスを体感して見て下さい。

 

 テストの方は、ロッドをメインにチェック。初日は、亀山で丸1日。 2日目は片倉ダムで半日のメニュー。

 

 

 今回は、スピニング数機種とコンパクトフロッグコンセプトのロッドのチェックがメイン。

 

 房総リザーバーに行くとなると、必ず春先から晩秋までデッキに並ぶ野良ネズミやグラビンバズ、I字形プラグ用のLクラスともう1本必ずベイトタックルで並んでいるのがウッドカバーやチップ、アオヤロウ絡みで投入するのがコンパクトフロッグロッド。

 

 

 イメージこんなロケーションですね。

 

 スピニングのLクラスでは、確実に30センチクラスでも獲れる確率は低くなる様なカバー周りでは、フッキングも良くて、キャスタビリティーの良い10グラム前後のフロッグや野良ネズミのマグナム等を私は多用します。

 

 これがめちゃくちゃ面白くて、ハイシーズンは数つりも出来るし、春先などになると50アップの定番パターンにもなるんですよね。もちろん、アベレージが小さいとはいえ60も視野に入れたカバーを絡めてもしっかりキャッチ出来るベリー〜バットのパワーが必要になってきます。

 亀山の夕方は、前記したスポットで5連発程してくれてコンパクトフロッグをエンジョイ。

 

 

 

 片倉でも他のモデルのサンプルをチェック、修正点を確認してお昼には終了という 2日間でした。

 

 細かい部分は、やっぱり現場でしっかりチェックしていく必要があるので今年は、ガイドもちょこちょこやりつつ、しっかりフィールドで製品テストの日々になりそうです。

 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ○最新のガイドスケジュールは⇨ガイドスケジュール⇦からのご確認ください。

 

 8月桧原湖ガイド募集日

  15日 

 8月霞水系ガイド募集日

  21日、22日

 

 9月霞水系ガイド募集日

  4日、5日

 

 ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

 

◎ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

 

 または⇨ガイド用公式ラインアカウント 

 

 

 

  

 

 

  

 

 

 

カテゴリー: ブログ

10月の早野剛史ガイド空き情報

       
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-