早野剛史 オフィシャルブログ

Archive 2020-12

(株)ジャッカル (株)シマノ ロッド部門 契約満了のお知らせ

2020-12-31 10:28:16

   いつもオフィシャルブログをご覧頂いている皆様にお知らせがあります。

 この度、2020年12月31日をもちまして、(株)ジャッカル、(株)シマノのロッド部門の契約を満了する運びとなりました。

 

 思い返すと、2014年シーズンから契約させて頂き、(株)ジャッカル、(株)シマノと2020年末まで丸7シーズン何も実績も知名度も無い九州から1人でトーナメントの為に関東へ出てきた私とプロ活動をサポートして頂けた事、一緒に大きな目標へ向かって戦って頂けた事に非常に感謝しています。

 

 本当に多くの事を勉強させて頂きました。

 

 何度思い出しても、TOP50で日本一のタイトルを獲る目標も恵まれたスポンサー環境が無ければ間違いなく夢半ばで敗れていたと思います。

 

 

 

 

 また、今回の契約満了につきましては、今後私自身のブランド設立に伴う契約満了となります。またこちらにつきましては、年明けにアナウンスさせて頂きたいと思います。

 

 2021年また新たなチャレンジが始まります。

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ

2月の早野剛史ガイド空き情報

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-

久しぶりに片倉ダムへ!シンキングP E炸裂

2020-12-23 12:29:25

 先週末は、久しぶりにガイドと撮影で房総リザーバーの片倉ダムへ行って来ました。

 

 例年の11月末〜12月の片倉ダムは、イージーにヘビダンやシンキングP Eのライトリグ、シャッド、メタル等で楽しめるのですが、今年は

・台風が来なかった事によるクリアアップ

・水温の低下が遅れていた事

もあり季節の進行が遅いように感じていた今シーズンの片倉ダムでしたが、ようやくディープに魚が集中してきた印象の2日間でした。ポジションさえ掴めば、2桁釣果が狙って釣れる季節です。

 

 立木だらけの片倉含む、房総リザーバー。魚のレンジが浅い内は、ベイトでも良いけどレンジが深くなったり、小さいワームへの反応が良くなってくるとシンキングPEの有効性が高まってきます。

 初日は、ガイドでゲスト様と出撃。朝から、ウォブリング2.5、シャッドテール2.5インチのDSを主体にバイトラッシュ。

 

 ラインは、今年の秋冬は今シーズン発売となった、サンラインさんのDブレイドを主体に試して見ています。

 

 ラインスラックを使うワームの釣りは、セフィアG5かDブレイドかなという個人的なチョイスです。初めての方は、ULクラスのロッドからスタートする事をお勧めしています。ラインの伸びがないPEラインなので、硬めのLクラスでライトリグをやるとリグが動きすぎて釣れなくなるケースを多く見受けらる事が理由です。

 

 メインラインの太さは、ディープは0.5号か0.6号をチョイス。リーダー7ポンド〜10ポンド辺りをカバーの濃さに合わせるというセッティングです。40センチクラスくらいまでは立木絡みでも、アプローチにもよりますがミスするリスクは圧倒的に下がります。

 

 後は、専用のタックルが出来上がって来れば5年程房総リザーバーで試してきたシンキングPEのパターン、タックルセッティングが完成しますね。

 

 朝からバイトラッシュ。朝の2時間で5バイト4フィッシュと冬らしい釣れ方。

 

30後半までがマックスサイズの片倉でした。

 ゲスト様がチューブラーのLを使用していたのですが、ULのソリッドを使用している私には無限バイトという状況を見かねて夕方はゲスト様にロッドをレンタルすると上手く立木絡みでのリグのコントロールが出来るようになりバイト量産な夕刻でした。気持ちいいくらい、タックルのチョイスでバイト数に差が出る日でしたね。

 

 

 夕刻は、片倉らしいバイトラッシュでした。

  ゲスト様1日ありがとう御座いました。

 

 翌日は、ガイドがキャンセルになった為シンキングPEメソッドの解説動画を撮影しながら、茨城のオカヤンとプライベートフィッシング。

 

2日目も、初日とポジションは変わったものの見つければイージーに反応してくれる片倉でした。
 シンキングPE同定卒業のオカヤン

 

 解説動画は、今週後半にオフィシャルチャンネルへアップ予定です。

 

https://youtube.com/channel/UCTBOrHKBZRVmp6TPioYcAog

 

 秋冬のみならず、ハイシーズンのサイトやカバー周りのライトリグにも使える細PE。上流域で、平均水深が浅いカバー絡みのサイトや立木の多いフィールドでは是非試して見て欲しいタックルセッティングの一つ。

 

 0.2号0.3号で50アップが釣れる時代です。

 

カテゴリー: ブログ

今週もボトスト炸裂な亀山

2020-12-10 12:07:28

 昨日は、ゲスト様のリクエストで霞水系から亀山へフィールドを変更してガイド。

 

  先週末から比べても、水温12度〜13度とまだまだ高めをキープ。

 

 今年は例年より、減水するタイミングが少し早い事、ワカサギが夏を生き延びて多く生息している事等、例年 の亀山と異なるキーワードが重なっています。大体、夏にワカサギの多くが表層で死んで…というのが例年ですが、梅雨が長かった影響もあってか9月、10月から生き残った多くのワカサギに付いて回遊、ボイルする姿を見ていたのでそういったスクールがディープに落ちて行っている今年の冬です。

 

水温も、まだ高めなのでバイトも多く中々面白い展開が続いております。

 

 昨日も、1日全体を通してはタフ気味でしたが2、3連発バイトが出てくれるタイミングが1日に3回ほど有り、それ以外の時間帯は単発のバイトを拾いながらという感じでした。とはいえ、来週からの寒波で一気に冬モードに入りそうな天気予報ですね。

 

 亀山に来る度に、バイトが浅くなっていきます。汗 そろそろ魚も冬モード。スモラバ、ノーシンカー系の釣りの準備もしないとですね。

 

 釣り方的には、以下のパターンがメイン。

 

・2,3週間前からずっと好調な1.8〜3.5グラムまでのウエイトを使用した、ボトスト展開とダウンショット、メタルバイブ展開がディープではメイン。

バイトもかなり浅くなってくるタイミングも増えてきて、ソリッドのロッドが必須となっています。推奨は、UL〜XULクラス。

 

 バイトが浅めの日は、匂い付きワームに頼りがちです。

・シャローで、ワカサギが上ずるようなエリア、バスが浅いレンジをクルーズする要素があるエリアはシャッドのポンプリトリーブやジャークベイト。

 

・パワーダウン気味ながら、単発でサイズが狙えるパワーフィネスや立木を絡めたフリーリグ展開。

 片倉ダムのライブスコープ映像。これくらハードな立木にフロロ16〜20ポンドで中にフリーリグをぶち込んでます。

 といった展開がメインに。

 

  今年は、ディープ展開において、サイズが出やすいのも今年の亀山の秋からの傾向で、昨日も40近いサイズが7メートルから1本混じってくれました。

 

これは、単純に減水と、ミドル、ディープに例年よりもベイトが多いのでディープレンジにサイズのいい個体も引っ張られているという根拠にもなっています。

 

例年だと、サイズは本当に立木とかをきっちり攻めないとディープでサイズを出すことは非常に難しいので、パワーフィネスやカバー撃ち展開が難しい初心者のゲスト様のガイドでは非常に助かっています。

 

 40〜40後半サイズまで今年は1日何本かキャッチに至らないケースも含めて反応が多いですね。

 

 肝心のゲスト様も、初めてのジグヘッドの釣りをマスターして、メタルバイブや他の釣りやメソッドもしっかりレクチャーして、バイト数は結構出たのですが、初めてのディープのライトリグと言う事でアクション~フッキングの動作に至るまで修行気味な1日でしたね。コンディションによっては、ボトスト、ミドストは即合わせ厳禁な場合もあるので慣れに一定の時間がかかります。

 風が吹くと、肌寒い1日でしたが1日お付き合い頂き有り難うございました。

 

ボトスト用使用メインタックル

 ・ポイズンアルティマ 264SULーS

   ・ヴァンキッシュ2500s

   ・レッドスプール3ポンド

 

○12月亀山、片倉ガイド募集日 

 12月⇨13日 片倉のみ、19日、20日、21日、25日、26日、27日、28日

 ○ガイド案内ページ⇦リンク

カテゴリー: ブログ