早野剛史 オフィシャルブログ

Tag #トーナメント

2024シーズン開幕!TOP50第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP 奈良県七色ダム

2024-03-31 19:09:50

 3月27日、28日、29日に今シーズンのTOP50開幕戦 ゲーリーインターナショナルCUPが開催されました。初の平日開催となり、時期も例年の春の七色ダム戦よりも少し早い3月下旬の開催になりました。

 

 春の季節感の進行の目安となる桜もまだ、咲き始めの進捗でした。

例年だと、桜が満開か散り始め辺りの進行なのですが・・・

 プリプラクティスは、水温が8度〜10度前後の状態で寒の戻りも厳しいタイミングに練習に入った為、見えバスも殆どいない状態。その為、練習のほとんどの時間をライブスコープの釣りの練習に費やす事に。

 

 ライブスコープのシューティングで反応が良かったのが、コイケ17mmのシューティング。ロクマル含む複数本を唯一キャッチ出来て如何に使いこなすか?というレベル上げを行うプラクティスでした。

ルアーパワーを感じたコイケ17mm

 他には、例年通りのサイトやパワーフィネスのチェックをして本戦前の公式プラクティスへ。

 

 公式プラクティスを2日間行い、1日オフリミットがあった後に試合3日間があるというスケジュールのルールに変更があった本年。

 

 公式プラクティスに入ってみると、まさかの水温がほぼ上がっておらず9度〜10度ちょっとの状況。水温が上がって11度前後と、3月の寒の戻りが厳しかった為季節の進行が止まっているような印象でした。

 

 それでも、湖全域をサイトとライブスコープでチェックしていくと、3、4メートルから8メートル前後の間の水深に、ビッグフィッシュが溜まっているスポットも有りそういった魚が溜まっているスポットを見つける公式プラクティスでした。

 

 プランとしては、大会前日に大雨が降るコンディションだったので

 

 ①濁りの区間、エリアでのハードベイトとカバー撃ち。

    ②クリアアップしているクリーク、上流やボディーウォーターでのサイト。

 ③ライブシューティングでの、中下流域でのコイケ17mmとヴィローラマイクロのホバストとスイベルキャロ。

 

 以上の3パターンを、当日の状況を見ながらアジャストしていくプランに決めて試合へ。

 

 正直、大雨などの変化があまりない公式プラクティスだったのでライブシューティングでの釣り以外は非常に厳しい公式プラクティスの内容でした。

 

 DAY1

  雨は、前日のお昼には止んでしまい濁りは上流はクリアアップしてしまっている状況と予測。

 

 フライト49番。汗w

 

   朝から、入るスポットに人がいる状態で後手後手に回ってしまっている感が否めない感じで、一気にメインに考えていた中下流域のライブシューティングの展開へ。

 

 直前の公式プラクティスでは、天候も雨、曇りのコンディションだった為何とか食わせれていたものの、当日は晴れのコンディションに変わった為が反応がよりシビアに・・・・本当、心が壊れるくらい口元までチェイスがあるもののことごとく口を使ってくれない状態でした。革新的な喰わせ方の何かが足りない・・・そうは感じていましたが、ここまで初日にして食わなくなるとは想定していませんでした。

 

 気づけば、10時過ぎまでノーフィッシュの状態で何とか釣れた1本も800グラム台という状態。あまりにも、ビッグフィッシュに絞ったプラン過ぎて500〜800グラムまでのキーパーパターンは用意が無く大苦戦でした・・・

 

 その後も追加させる事ができず、初日は1本890グラムで40位スタート。優勝争いどころか、予選通過さえも危うい展開と順位に・・・

 

    

  DAY2

  後が無くなった、2日目。一旦、頭のリセットして朝は、西の川、北山川と広く見て回り一旦状況を自分の目で見る事に。2日目のコンディションは、クリアアップが進み上流域に勝機を感じる事は出来ず10時過ぎ以降は、中下流域のライブシューティングをやり切る事に。

 

 11時過ぎから雨予報で雨が降り始める30分前から、一気にバスの雰囲気が変わり30分で一気にコイケ17mmでリミットメイク!

 1100、1200、3キロフィッシュと最高の流れで、後半1100⇨1300グラムに入れ替えもして2日目は5500グラムで単日3位で一気に予選を8位まで捲って予選も通過。

 

 DAY3

   全てが決まる、最終日。2日目のお昼から降り出した雨は、最終日の9時前まで降り続けて雨量も結構な量だった為、エリアによっては濁りが発生している朝イチでした。

 

 朝一、1200〜2キロフィッシュがうじゃうじゃいる岩盤エリアを数箇所チェックするものの中々前日と雰囲気が異なり中々バイトまで至らない。30分で見切りをつけて西の川上流へ。

 

 西の川上流には、宇佐美君、青木さん、山岡さんの布陣で皆んなゴリゴリに巻きまくってる感じでした。朝、30分中流に行ったことで、青木さんの後を流す感じに。青木さんの後を流した事がある方は分かるかと思いますが、青木さんのスーパーキャストが決まりまくる後を流すのは非常にモチベーションが低くなりますw

3日間、前後を流し続けた青木さん。久しぶりに同じ試合を戦って新鮮な気持ちでした。

   

 西の川に到着すると、上流側は激濁りで流れも強烈な状態。ハードベイトを何種類かローテーションしながら行き着いたのが3日目のMVPルアーだった、【ジャックハンマー14グラム➕サカマタシャッド5インチ】。もうこれは、100%バスにアジャストしたルアーを投げていかないとこのエリアでは釣り勝てないなというのと、「激濁り、激流の状況はビッグフィッシュが反応するルアーが偏る」事が多々あるので、そのアジャストが出来れば、後から流してもチャンスはあると感じました。そして、その時間を掛けるべきと思えるくらいの、ベイトフィッシュの多さや濁りの雰囲気からそうするべきだと本能的に感じさせる雰囲気が朝の西の川にはありました。

 

 カワシマイキー、クランク、スピナベ、チャターベイト等をローテーションしていき、カワシマイキーへの見切りとスピナベへのミスバイトで「スピード」が必要な事に気付き、流れの中でもしっかり早巻きかつパワーのあるジャックハンマー14グラムへシフトと同時にバイトラッシュへ! 

   

  9時過ぎまでに、2キロ、1300グラム、1100グラムと一気に4キロ越えのリミットメイク!その後、中下流域を回りカレントの無さと濁りが入った事で試合後半も中々バイトは出ない雰囲気だったので、昼前から再度西の川へアタックして、西の川後半戦は巻物の雰囲気が無かったのでネコリグを落としていって1300グラムクラスをキャッチしてウエイトを一気に4700グラムまでアップ。

 

 

 最終日は、単日2位のウエイトで総合は3位まで捲って今大会を終えました。40位スタートだった初日は、絶望のメンタルでしたが一回頭をリセットして展開し直した事がいい方向に向いた大会でした。

 

 優勝は、エレキの修理屋さんチームの永遠!ライブシューティングが非常に上手い選手というイメージでしたが、今回は完璧に食わせ方を捉えての優勝でした。永遠、優勝おめでとう!

  

 

 ライブスコープの登場やセンス抜群も多く若手の活躍が凄い今のトーナメントシーン。

 

 自分もそれ以上のスピードで進化していかないと、今シーズンも苦戦しそうです・・・

 

使用タックル

 

◎コイケ17mm

ロッド STAUT TSC67ML-ST

リール アルデバランBFS XG

ライン シューター12ポンド

フック パワーワッキーガード 2/0


◎ジャックハンマー14g 早巻

ロッド STAUT MV  TSC67M-G

リール メタニウム  MGLシャローエディション

ライン シューター14ポンド

トレーラー サカマタシャッド5インチ

 

◎ヴィローラマイクロホバスト スイベルキャロ

ロッド STAUT TSS511XUL-ST

リール ヴァンキッシュ2500S

ライン PE EGI ULT HS4 0.3号 Vハード1号

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎3月〜4月までの高滝、長門将監、印旛沼、霞水系ガイド、5月のGW桧原湖ガイドまでの募集日程をアップしました.

 ○最新のガイドスケジュールは⇨ガイドスケジュール⇦からのご確認ください。

 

◎4月ガイド募集日程

  ○長門、将監川、印旛沼、霞水系、高滝湖募集日程

  9日、10日、11日、15日、16日、17日、18日、19日、23日、24日、25日、26日

 

◎4、5月GW期間桧原湖ガイド募集日程

 4月30日、5月1日、5月2日、5月3日

 

◎5月ガイド募集日程

  ○長門、将監川、印旛沼、霞水系、高滝湖募集日程

  8日 長門、将監川、印旛沼1名のみ、9日 長門、将監川、印旛沼1名のみ、10日 長門、将監川、印旛沼1名のみ

 11日、12日、13日、14日、22日、23日、24日、25日、26日、27日、28日、29日、30日、31日

 

◎6月ガイド募集日程

  ○長門、将監川、印旛沼、霞水系、高滝湖募集日程

  1日、2日、4日、8日、9日、10日、11日、12日、15日、16日、17日、18日、19日、22日、23日、24日

 

※募集日以外でもご連絡頂ければ調整可能な場合が御座いますので気軽にお問い合わせください。

 

 ◎ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

  ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

  または⇨ガイド用公式ラインアカウント からご予約下さいませ。 

 

カテゴリー: ブログ

4月の早野剛史ガイド空き情報

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
長門川、将監川、霞水系、印旛沼○
17
-
18
長門川、将監川、霞水系、印旛沼○
19
高滝湖、長門川、将監川、印旛沼○
20
-
21
-
22
-
23
長門川、将監川、霞水系、印旛沼○
24
長門川、将監川、霞水系、印旛沼○
25
長門川、将監川、霞水系、印旛沼○
26
長門川、将監川、霞水系、印旛沼○
27
-
28
-
29
-
30
桧原湖〇
         

TOP50 第3戦 霞ヶ浦 SDG–Marine CUP

2023-07-19 22:52:33

 7月14日〜16日に TOP50シリーズ第3戦 SDG–Marine CUP が霞ヶ浦にて開催されました。

メインスポンサーでもあるSDG–Marine様が冠の今大会。

 シーズン折り返しとなる1試合で、舞台は茨城県の霞ヶ浦。

 

 今回、霞ヶ浦となっているもののエリアはTOP50シリーズとしては過去最大の広さとなる

白枠全域が競技エリアに。

北浦本湖全域

・霞ヶ浦全域

・鰐、外浪逆浦、北利根、常陸利根エリア

 

 以上の全てを含む、エリアが競技エリアに。

 

 状況的には、試合の直前プラクティスから今シーズン1番の釣れっぷり

 久しぶりに、霞本湖で10バイト近くバイトを獲れる状況に正直ここ最近のトーナメントで1番ワクワクした試合でした。

 

 特にタイミング的な問題なのか(例年よりかなり遅い)、霞本湖では手長エビの接岸が著しくシャローエリアでは釣れるバスの喉奥から手長エビが見えるケースが非常に多かった印象でした。

 

 霞本湖のシャローゲームでは、サイズも非常に良くて600〜1500クラスまではいい日に当たると5本以上キャッチ出来る印象。特に、ブッシュや手長エリアが炸裂するとMAXウエイトは、5〜6キロ狙える印象でした。

 

 しかし、当たり外れも多くタイミングやエリアを外すと0もあり得る展開。

 北利根、外浪逆浦エリアでは、手長よりスジエビ系の小さいエビを捕食している印象で、難易度は上がるものの数、サイズ共に狙える印象でした。

 

 北浦エリアは、数は非常によく釣れました。400〜5.600グラムがアベレージながら半日ちょっとで10バイトオーバー。

 しかし、キッカ-率が非常に低い印象で、リミットメイクしても2キロ前半もあり得て、1本キッカーが入って2キロ後半〜3キロという印象だった。

 

 今回、3日間安定して釣ってくるよりかは1日ハメて4キロ、5キロ釣ってくる事が上位への必須条件と考えていた(それくらい釣れていた)ので、前者の霞本湖や北利根エリアを主軸にビッグウエイトを狙う展開で初日がスタート。

 

 パターン的には、今回北利根〜外浪逆浦エリアはスジエビ喰いが多く、4インチクラスのワームを投げても見切ってしまうバスが多く表層系とサイトメインに水面を使って騙していく展開。

 

 朝2時間の、水面が効くタイミングが落ち着いたら霞本湖のブッシュや縦ストラクチャーを撃っていく展開を主なゲームプランに。

 

 ◎DAY1

  初日は、フライトも遅くじっくり北利根エリアからスタートするものの、1キロくらいのアシのストレッチに誰1人居なくてラッキーな展開でした

 開始1時間で野良ネズミとSVSBサイトで4バイト2バラし1フィッシュ。と最悪なスタートながらキロフィッシュを捕獲。

 

 この初日の600グラムくらいと1キロフィッシュ2発のミスが最終日まで足を引っ張る事に・・・

 

 その後、SVSBサイトで600グラムクラスを1本キャッチし、ドッグ周りの4インチカットテール ジグヘッドワッキーで1本追加してブッシュ撃ちツアーは不発で初日は、3本2キロちょっとで14位スタート。

 

左側のバスは野良ネズミで。右側のバスはSVSBサイトでキャッチ

 

 ◎DAY2

  2日目も、北利根でバイトラッシュ。

 

 ボイル撃ちでドライブスティック3.5インチにて朝一に900グラムをキャッチ。その後、2日目も初日の悪夢を彷彿させる野良ネズミのボディーに縫い刺しになるファイト中にフックオフするミスを2連続で・・・・共に1200オーバーはありそうな個体に久しぶりにトーナメントでメンタル崩壊直前まで追いやられました・・・それでも、探して攻めていくしかなくバスキャット クーガーFTDの走破性を活かして荒れた霞ヶ浦本湖を走り回る。

 

朝イチ以降は、荒れ気味の霞本湖をバスキャット クーガーFTDでランガンプラン。

2日目は、南西の風も強く正直今回巻いてボコボコ釣れる様なパターンを見つけれておらず風裏でシャローメインに攻めて行くしかなく、お昼前からブレイク絡みのパターンも探るもこれといったチャンスも無く2日目は、大きく外してしまう展開で予選を19位で通過。

 

ちなみに、2日目も手長ブッシュツアーは不発。。。

 

 ◎DAY3

  試合前のプランでは、予選2日間で最低5キロ。理想は6キロ台釣って、最終日は晴れ予報だった事もありタフになるはず・・・

 

という読みで、朝2時間だけ北利根で表層とサイトをやって、予選ではほぼ手を付けなかったエリアに着手。

 

 ほぼ予選でタッチしなかったエリアというのが、ハードボトム系のエリアなのですが予選からメインにしてしまうと魚は釣れるもののサイズが小さく(5本で2キロ〜2500グラム平均)という事もあり、優勝に絡むゲームプランからは外れてしまうだろうという理由でした。

 

 が確実にタフになる最終日は別。キーパー500グラムが貴重になってきます。

 

 朝一以降は、そのエリアに直行し1時間で4本のキーパーをキャッチ。全て1.3グラムジグヘッドワッキーリグの4インチカットテールでした。

 

 5本目は、最終日だしビッグサイズを混ぜようと言う事で本湖のブッシュを巡り11時ごろにキッカーサイズとなる1500gオーバーをブッシュでキャッチ。正直もっと釣れると思っていた、ブッシュ撃ちツアー。3日目にしてようやく狙っていたサイズが釣れました。

 

 この魚が最終日のトップウエイトまでウエイトを伸ばしてくれて最終日は5本3300グラムちょっとで単日1位。

  

 総合順位も7位まで捲れて今大会を終えました。毎試合、上位に絡めるチャンスのあるゲーム内容までは行っているものの中々勝てない霞水系・・・もうワンランク別次元の釣りをしないと駄目ですね!

 

 今大会の、冠でもあったSDG–Marine様のサポートで練習から最高の環境でプラクティスを行う事が出来ました。本戦のバックアップまで有り難うございました!

 

 

 今回は、リザーバーっぽいイメージの魚が多かったのでカバー撃ちからサイト、提灯まで結構色々試した試合でした。タックルデータも載せておきますので是非チェックして見てください。

 

○使用ボート

 バスキャット クーガーFTD 

  

○使用タックル

 ・野良ネズミタックル

 ロッド TSS64L–ST

   リール ヴァンキッシュ2500HGS

   ライン PE EGI ULT HS4 1号

 

 ・SVSBサイト

 ロッド TSS64L +–ST プロト

 リール ヴァンキッシュ2500HGS

    ライン PE EGI ULT HS4 0.8号

 

 ・4インチカットテール

 ロッド TSS62UL +–ST

    リール ヴァンキッシュ2500S

    ライン シューター4ポンド

 

 ・3.5インチ ドライブビーバー 5グラムリーダーレスダウンショット

 ロッド TSC69MH–ST

   リール メタニウムMGL シャローエディション

 ライン シューター16ポンド

 

 

夏の桧原湖ガイドも、募集日残り僅かとなって来ました♪

 

 ◎桧原湖ガイド 7月、8月募集日

 ○7月

 7月28日

 ○8月

 1日、2日

 

 ◎小野川湖 8月募集日

 14日、16日

 

 となります。夏のエンジョイシーズン 一緒に楽しめれば幸いです!

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ○最新のガイドスケジュールは⇨ガイドスケジュール⇦からのご確認ください。

 

◎7月、8月桧原湖ガイド募集日程

7月28日

8月1日、8月2日

 

◎8月小野川湖ガイド

8月14日、8月16日

 

◎8月霞水系、利根川、新利根川ガイド募集日程

8月25日、8月26日、8月27日、8月28日、8月29日、8月30日

 

 

 ◎ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

  ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

  または⇨ガイド用公式ラインアカウント からご予約下さいませ。 

 

カテゴリー: ブログ

TOP50 第3戦 SDG–Marine CUP 公式プラクティス5日間が終了

2023-07-19 19:40:42

昨日までTOP50第3戦 SDG–Marine CUP の公式プラクティス期間でした。

SDG-Marine YOKOTONE BASE を拠点に5日間練習でした。

灼熱のコンディションの日も多い5日間でしたが、体を暑さに慣れされるという意味でも良い5日間となりました。

 

急に暑くなりましたからね・・・

 

練習中もお昼は少し休憩してクールダウン 

 

 いい練習は出来たので、トーナメント3日間も柔軟に戦ってきます♪

 

 夏の桧原湖ガイドも、募集日残り僅かとなって来ました♪

 

 ◎桧原湖ガイド 7月、8月募集日

 ○7月

 7月28日

 ○8月

 1日、2日

 

 ◎小野川湖 8月募集日

 14日、16日

 

 となります。夏のエンジョイシーズン 一緒に楽しめれば幸いです!

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ○最新のガイドスケジュールは⇨ガイドスケジュール⇦からのご確認ください。

 

◎7月、8月桧原湖ガイド募集日程

7月28日

8月1日、8月2日

 

◎8月小野川湖ガイド

8月14日、8月16日

 

 ◎ガイド情報の詳細は、オフィシャルHPの⇨ガイドページ⇦をご覧ください。

  ガイドの予約方法は、⇨ガイドホームページのスケジュール欄⇦からのご予約。

  または⇨ガイド用公式ラインアカウント からご予約下さいませ。 

 

カテゴリー: ブログ