早野剛史 オフィシャルブログ

Archive 2011-01

ネタなし

2011-01-30 04:05:00

全くのネタなしです。笑


明日はネタを作るため?時間があればおかっぱりでも・・・?


まったくこんな時間まで毎日起きてたら、次の日の行動開始時間が遅くなって毎回損してる気分になりますあせる


何もかも上手くいかない自分はそれが最近気になります。

人にとって唯一均等なのは時間だけ。一日24時間一年365日は誰にでも共通。

その時間をどれだけ自分の経験や知識、資金に変換できるかが人それぞれのチャレンジを成功させるキーだとずっと思っているのでなおさら時間の無駄とかを省きたくて空回りになったりするケースが僕の場合多い。


一つ先まで行動できてないからなんですが・・・・


なかなか釣りのこととか仕事のこととかアドバイス頂ける環境ではないのでそういった環境ももう少し必要ですね。


そんなこんなでいつもどおり駄弁りになってしまいましたが、かったるくなった時こそ喝を!!

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

こちらも↑↓おねがいします。


人気ブログランキングへ



カテゴリー: ブログ

11月の早野剛史ガイド空き情報

           
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
亀山、片倉
29
亀山、片倉
30
亀山、片倉
           

脅威ナリ

2011-01-27 19:53:00

数日間まったくの更新もPCを開くこともなく完全に死んでました。


流行ってんのかどうかはしらんけど、たぶん7,8年ぶりかな・・・・・・


インフルエンザにかかってしまいまして、日曜の仕事帰りにコンビニでダウンし家の駐車場でもダウンし月曜には本格的に症状が出て起き上がった回数1回と完全にイッてましたショック!


立てるようになった火曜日の夕方前に病院にフラフラで行き優しい先生に君は別室で・・・・的な扱いで時間外にもかかわらず見てもらい何とか熱は下がり助かりましたニコニコ


一人暮らしやし仕事休んだら迷惑かけてしまうし来月の僕の収入も・・・・・って事もあり僕自身も、予防はマスク、加湿等でおこなっていたんですが、疲れとかなんやらかんやら溜まってたんでしょうねガーン


かなり深刻なダメージだったんでみなさんも予防をしましょうネあせる


takehiブログ-F1000502.jpg
ちなみにインフルエンザの治療自体全く聞いたことのない薬を一度吸引するだけとなんだか知らない間に進んでました。


又、熱が引いても最低2日間はウイルスに感染力があるため人前に出てはいけませんビックリマークっと治療費、休む日数等出費を考えると来年から予防接種を受ける事は間違いなさそうです・・・・・・





カテゴリー: ブログ

ある日とは?

2011-01-22 02:31:00

昨日のブログで言った「ある日?」っていうのはこれ↓


takehiブログ-F1000501.jpg
これは2010/2/26に吹いた春一番の時の僕のノート・・・


春一番って?いうと

立春2/4から春分3/21の間で、日本海で低気圧で発達した低気圧による風向きが南東~西南西で風速8m以上って気象庁でも定められているんですけどこれによって気温がドドドッって上がり風が吹くのがGOOD!!


しかも大抵、ローライトコンディションで気圧も低下していく状況になるのでその年の最初のデカバスがウジャウジャって訳じゃないけど1月2月に比べると爆発?ともいえる釣果が出ることが多いです。


もちろんそれ以前でも水温も徐々には上昇していくんで春らしい魚を見かけることはあるんですけど、春一番の時は風も味方して比較的イージーに釣れることが大半なので魚が上がって来たり、フィーディングするようなスポットにうまくアプローチできれば・・・・・


といった感じですねニコニコ


毎年、このタイミングでもうすぐ春だな~って実感します。


その後は、三寒四温って言われるように気温が上下しながら春に向かっていくのが毎年の流れです。


なんでこんな事書くかっていうとそんな時に湖に出ている人って意外に少なかったりするんで、そんなタイミングで出てみれば面白いことが起こるんじゃないかと思います。


ただ冒頭でも言ったように風速8m以上ってかなりの強風・・・大概が突風なんですけど継続的にその突風が吹くので

無茶は禁物であせる

ペタしてね

アメンバー募集中

読者登録してね

そんなこんなでこちらもよろしくお願いします。↓↑




人気ブログランキングへ



カテゴリー: ガイド(富士五湖)